事故車は廃車にするよりも買い取りがおすすめです

事故車を処分すると廃車のための費用がかかりますので、これが不要となる買取業者に査定して買取査定を依頼しましょう。

事故車を買い取ってもらうまでの手順

内装をキレイにしておく

内装がキレイであること、例えばペットやタバコなどの嫌な匂いがないことも評価ポイントとなります。

外装のキズは修理しない

外装にあるキズはあえて修理しないで査定に望みましょう。かかる費用と折り合いがつかなくなります。

車検証を手元に準備する

廃車を希望するなら業者に車の状態などをすぐに答えられるように、車検証を準備しておきます。

買取業者に連絡し査定依頼

買取業者に対象となる車の査定依頼を電話もしくはウエブで行います。なおウェブなら24時間受付が可能です。

レッカー移動を依頼する

業者によってはレッカー移動代が無料となるケースもあるので、廃車費用がかからないことに加え有利です。

処分するくらいなら売ろう

交通事故

走れなくなるほどの事故を起こした自動車の場合は、修理をするよりも、新品を購入したほうがお得な場合が多々あります。そのため、事故車をさっさと処分してしまって、新しい自動車を購入する予定の方もいるでしょう。しかし、事故車を処分するためには、無料とはいかないため、ある程度のお金を用意する必要があります。新しい自動車を購入するのなら、その費用が必要になるので、処分代がもったいないと感じる場合もあるでしょう。そのときは、事故車をお金を払って処分のお願いするのではなく、買取業者へ売却を考えたほうがよいです。事故車を専門とする買取業者があるので、そちらのサービスを活用すれば、それなりのお金を手にできます。売却したお金を新しい自動車を購入する代金に充てれば、お得に買うこともグレードをアップすることもできるでしょう。ただし、地元で探しても見つからない可能性があるので、最初からインターネットを使って、事故車を売れるところを探したほうがよいです。

キレイにする必要は一切なし

女性

普通に動く自動車を売る場合は、洗車をしたり内部を清掃したりして、キレイにして査定額を上げる努力をする必要があります。しかし、事故車の場合はそのような努力は一切必要ないので、そのまま買取業者に見せてしまいましょう。買取業者は自動車として見ているのではなく、パーツや資源として見ているので、どのような酷い状態でも問題なく売れます。なお、所有する事故車の状態によって買取金額は異なるので、まずは実物の損傷具合を見てもらいましょう。大きく破損したものでも、水に沈んで動かなくなったものでも、査定してもらえるので安心して頼むとよいです。もちろん、動かせない事故車なので、こちらから持っていくのではなく、買取業者に自宅にきてもらうことになります。

広告募集中